和ろうそくと、鳥居醤油

2007/03/20

七尾の一本杉通りへ。
目的は和ろうそくと醤油である。
高澤ろうそく店
和ろうそくは「高澤ろうそく店」(高ははしご高)。
店内には、手書きのろうそく、プリントもの、植物をモチーフにした形のもの(和ろうそくが植物性であることにちなんで)、普段使いのシンプルなものなど、和ろうそくにもやたら種類がある。大きさも大小さまざま。


ろうそくを灯すには燭台がないといけないということで、並んで燭台も販売している。作家さんのものもいくつか置いてあって、見ているだけでもなかなか楽しい。いくつか欲しくなったが、イイ!と思ったものはやはりそれなりに値段もイイ!のである。

ちなみに、2階にはプチろうそく博物館になっていて、簡単に和ろうそくのことがわかる(本当に簡単に)。そちらは併設の古い蔵を改造した建物なので、天井がやや低め。畳になっている奥の間に上がると、妙に落ち着いてちょっぴり長居してしまった。

博物館1 博物館2 博物館3


いくつかろうそくを買った。
燭台は南部鉄のもので、一番小さいもの。見た目よりも重く、ずっしりとした安定感がある。
ろうそくの色と形があまりにキレイなので、まだ火をつけるのがもったいない。和ろうそくには、洋ろうそくにはないいい感じのゆらぎがあるらしいが、それを楽しむのは何か特別な日にとっておこうと思う。

和ろうそくと燭台


鳥居醤油店もう1つは、醤油。
鳥居醤油店である。
お店に入ると、醤油の香りがすごい。奥まで土間が広がり、商品の陳列棚がどこだか探すほどシンプルで広々とした空間である。

醤油は3種類。一升瓶を筆頭に、500ml、150mlの3種類のみ。それと、だしつゆがある。

どこへ行ってもそうだが、赤ちゃんを連れて行くと必ず誰かに話し掛けられる。ここでも娘に気づいたおかみさんが出てきてくれた。しばらく立ち話をしていると、話の流れで奥の工場へ案内してくれることになった。

土間伝いに奥へ進むと、すごく香りが濃い。工場というにはあまりに年季が入りすぎていて、なんだかあのシンプルな瓶にサラリと詰められた醤油とのギャップが不思議だった。

作り方とこだわりを説明してくれ、そのついでに絞りたての生醤油をごちそうになってしまった。指の先にちょこんとつけただけだったが、本当においしい。余計なものが入っていない、透明な味がした。買った醤油はまだ待機中だが、早くこれで生麩を食べたいと思っている。

醤油

娘の相手と話し込んでいたのとで、残念ながら写真は撮っていないが、工場の写真は鳥居醤油店のHPで見ることができる。

鳥居醤油店(工場案内ページ):http://po5.nsk.ne.jp/~shouyutorii/koujo.htm

ちなみに、ここの醤油はパティシエの辻口博啓氏の和スイーツ専門店「和楽紅屋」で、七尾鳥居醤油ロールというお菓子になっている(まんま)。こっちは、まぁそのうち。

この一本杉通りは、国の登録有形文化財に指定されている建物が5つあるので、通り自体もさぞかし風情漂う雰囲気だろうと思って行ったのだが、基本的にはごく普通の商店街。両脇に、ポツポツと「一本杉通り」と名の入った照明が立っていて、たまに古びた建物が現れるといった感じなので、期待していたほど通りの雰囲気を楽しむ場所でもない気がする。

が、このなんでもない、ある意味中途半端さが妙に気に入ってしまった。
またドライブがてら醤油でも買いに行く、と思う。


▼七尾「アートとのれんの街 一本杉通り商店街」
http://www.noto.or.jp/nanao/nami/ippontop.html

高澤商店
石川県七尾市一本杉町11-1(地図
TEL:0767-53-0406
http://www.takazawa.jp/

鳥居醤油店
石川県七尾市一本杉町29(地図
TEL:0767-52-0368
http://po5.nsk.ne.jp/~shouyutorii/
▼この記事へのコメント
子供と二人で行ったのか?そんなわけないか・・・
でも、子供がいても色々出かけてる夫婦はすばらしい。
和ろうそくきれいだけど、使うのもったいないねー。
たぶん私は買ってもほこりまみれになりそう(笑)

醤油って使いなれてるのから変えるのがとっても難しいもののひとつじゃない?


by ミュウ (2007/03/20)
>ミュウさん
家族3人よ、もちろん。
平日は車がなくて遠くに行けないから、休日くらい外で遊ばないとね。私のストレスが溜まるー。
きっと、ろうそく使うのは勇気がいる。貧乏性なので(笑)
醤油もずっと使ってるのはあったけど、最近いろいろ変えててね。あんまりこだわりはないし、まだ落ち着いてないだけと思うわ。。
by 管理人:サトキチ (2007/03/20)
▼コメントを書く
お名前

メール

ホームページURL

コメント

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
▼この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36415599

▼この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。